AGA治療の可能性

AGAのガイドライン

 

AGA(男性型脱毛症)については、科学的根拠に乏しい治療法や、飲用もしくは塗布薬がたくさん溢れています。それだけ、男性にとってはAGAの症状に強いコンプレックスや、精神的な悩みを抱えている人が多いことになります。

藁をもすがる思いから、効果の期待できない治療を、漫然と続ける人も決して少なくありません。
こうした状況を重くとった日本皮膚科学会が、AGAに対する診療ガイドラインを纏めました。

 

巷に溢れる様々な治療法に対して、専門家が国内外の論文や書物を参考にして、その科学的根拠について判断を下したものになります。判断された結果は、A,B,C1,C2,Dの5段階に分類をして、
素人でもその治療法の推奨度が解るようになりました。

 

 

 

因みに、推奨度Aに判定された薬には、フィナステリドやミノキシジル、
植毛施術は推奨度Bにランク付けされています。

但し、この推奨度は同じ薬であっても、
男女によっては判定ランクが異なるケースもありますので
注意が必要となります。

また逆に、推奨度Dに判定された治療法や薬については、
使用しないことが奨められるとされています。

 

 

このように、治療法や薬について専門化が明確に判定を行ったことで、
AGA症状が軽症の人であれば推奨度C1の育毛剤でも効果があると、自己で判断することが可能となります。
それに対して、AGA症状が中等症や重症の場合には、最初から推奨度Aの治療薬を、
長期間に渡って使用することが適切であると判断することが出来ます。
まずは自分の頭皮の状態を把握することから治療は始まります。
AGA治療にオススメの専門医院をランキング形式でご紹介します!

 

AGA治療オススメ人気専門医院ランキング

 

新宿メンズサポートクリニック|AGA治療・発毛治療の専門院

 



 

 

 

 

AGA治療・発毛治療なら新宿メンズサポートクリニック
最先端のAGA発毛再生治療と独自の発毛治療薬で発毛をサポート。
まずは無料カウンセリング。
受付24時間年中無休 診療は22時までOK

銀座HSクリニック|真の自毛再生

 



 

 

 

 

常に最先端医療を研究し、常に科学的な銀座HSクリニック。
費用・早さ・結果の3つの治療プランが大好評。
無料カウンセリングで今までの悩みを解消してください。

AGAスキンクリニック|AGA治療(発毛・育毛・薄毛)専門病院

 



 

 

 

全国最大規模の発毛専門クリニック。メディアにも注目されている当院は総括院長が自ら発毛薬を開発、実感し、その経験を基に治療に取り組んでいます。その結果、発毛実感率99.4%。10代から60代まで幅広い世代に支持されています。薄毛、抜け毛はお早めの治療がお勧めです。

 

 

 

 

 

 

AGAと発毛診断

 

 

男性型脱毛症AGAになれば、誰もが薄毛が進行すると考えてしまいますが、

実際には髪の毛の総数は変わっていない
ことが往々にしてあります。
これは、毛穴から生えている髪の毛は変わらずとも、薄毛に見えてしまう現象は、
大幅に成長期が短くなるなど、髪の毛のサイクルに起因しているからです。

 

 

そもそも、直径0.07mm〜0.10mm程度の毛髪が、成長期のサイクルが短くなってしまったことで、その太さが10%短くなってしまうと、頭皮全体も薄くなったと感じざる負えなくなります。従って、実際には髪の毛の本数は変わらずとも、髪の毛の太さが細くなっただけで、随分と髪の毛が薄くなったと感じるようになってしまうのです。

 

 

 

髪の毛は1つの毛穴から3本程度の毛髪が生えており、
毛穴が細くならない限り、髪の毛の量が減少するとは考えにくい
のです。
但し、髪の毛の成長期サイクルが短くなってしまい、髪の毛が細くなることで、毛穴から抜けやすくなることも要因としては存在いたします。従って、薄毛が気になりだしたら、まずは髪の毛の量は変わらないが、髪の毛のサイクルが短くなっているのか、それとも抜け毛が増加していることが原因なのか、発毛診断を受けて見ることがポイントになるでしょう。

 

 

現在、AGA治療の専門クリニックなどでは、発毛診断を無料で行っていることが一般的となっています。
こうした無料発毛診断を利用して、様々な自然要因や人工的な要因を考慮した上で、AGA症状の要因を導き出すことが大切となります。

 

 

 

 

 

AGAと円形脱毛症の違い

 

一般的な脱毛症といえば、AGA(男子型脱毛症)か円形脱毛症のどちらかになりますが、症状の数としては圧倒的にAGAの方が多くなります。

因みに、AGAとは、おでこからの生え際や頭頂部のどちらかであったり、又はその両方で髪の毛が薄くなった状態を指します。

 

その一方で、円形脱毛症とは、ある日突然に、何の前触れもなく頭髪が円形又は卵形に抜け落ちる症状を指します。円形脱毛症の場合には、脱毛の箇所が1箇所とは限らず、数箇所にまで及ぶこともあるのが特徴です。また、AGAと円形脱毛症を比較した時には、その発生原因にも大きな差があります。AGAの場合には、毛根にある毛乳頭細胞に男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が作用することが影響をしています。

 

 

因みに、DHTとはテストステロンと頭皮などに存在する5α-リダクターゼ酵素が結びつくことで生成される物質を指しており、男性ホルモンが多く分泌される人ほど、症状が現れやすくなるのがAGAの特徴となります。
それに対して、円形脱毛症の症状が現れる原因となるのが、自己免疫機能の異常やストレスが大きく作用をしています。

 

現代社会はストレス社会とも呼ばれており、仕事や日常生活の中でストレスを溜めやすくなっています。
仕事が上手くいかず急激にストレスを溜めたことから、突然、朝起きたら髪の毛が抜け落ちているといったシーンを、TVドラマなどでも見たことがあるのではないでしょうか。AGAと円形脱毛症の双方とも、その症状には差があるものの、決して歓迎されるべきものではない点では同じといえるでしょう。

 

 

「人は外見で判断をしてはいけない」とは良く言われますが、ついつい相手を外見で判断してしまいます。毛髪関連会社のアンケート結果によると、女性が結婚相手に求める外見の条件は、1位が太っていないこと、2位が脂ぽくないこと、そして3位が禿げていないことになります。高齢の男性ならともかく、結婚前の若者で髪の毛が薄いことは深刻な問題になります。この男性の薄毛の大半が、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状によるものであり、成人男性に良く見られ、額の生え際や頭頂部のどちらか、またはその双方の毛髪が薄くなった状態を指します。残念ながら、思春期からAGAの症状が現れることもあり、放置しておくと症状はどんどんと進行をして、毛髪は抜け続けることになります。因みに、脱毛症といえば円形脱毛症と呼ばれるものもありますが、実際に圧倒的に多いのはAGA(男性型脱毛症)の方になります。また、薄毛の男性に共通する要因として、テストテロンと呼ばれる男性ホルモンの多いことが言われています。このテストステロンが5α-リダクターゼと結びついて、より強力な悪性男性ホルモンDHTに変換されることが、AGAの最大の敵となります。何故ならば、DHTは毛乳頭にある受容体にくっついてしまい、脱毛を促進する因子をどしどし増加させることが判明しているからです。但し、AGAの要因は決してDHTによるものだけでなく、実際には親からの遺伝や社会ストレス、生活環境に頭皮の状態など、様々な理由が絡み合ってAGAを発症することになります。また、AGAの治療法も様々な技術開発が進められていますが、単に脱毛を抑制することだけを目的としていたり、毛髪を太くすることを目的としたり、または頭皮の改善だけを目的としていたりと、全ての治療が育毛に繋がっているものではありません。また、近年ではAGA専門のクリニックも多数登場をしており、全国に拠点を構えるクリニックも現れていますが、各々専門クリニックにおいて治療法が異なることに気をつけなければなりません。 http://www.tessell4te.net/ http://www.fkihdaoud.com/ http://www.nikeskodanmark.com/ http://www.econpowercorp.com/ http://www.rmnphoto.com/ http://www.call316.com/ http://www.noidapestcontrol.com/ http://www.reviveyourcreativity.com/ http://www.yannco.org/ http://www.erzincanzirve.com/ http://www.quantumgardener.com/ http://www.marjorieburns.com/ http://www.anacr47.org/ http://www.twistedoakpress.com/ http://www.videotranscriptionservices.net/ http://www.sorsocaffe.com/ http://www.steffkoeppen.com/ http://www.iconzzz.com/ http://www.adelgazandohoy.info/ http://www.suzukilakeland.com/