MENU

シミウスね、その口コミ。

 

シミウスはカスやモロモロは出る?

 

オールインワンジェルのシミウスホワイトニングリフトケアジェル。

 

普通のオールインワンジェルと大きく違う点が「マッサージができるジェル」なのです。

 

オールインワンジェルを使うにあたり、二の足を踏んでしまう「大きな問題」がありますよね。

 

有名な「カス問題!」よく目にするオールインワンジェルを使用すると「カス」が出てきやすいですよね?うまく言えませんが、オールインワンジェルを肌に馴染ませているとポロポロ(モロモロ)とカスが現れてきますね。

 

肌に馴染ませる時じゃなく、メイクするときにカスが現れてきて困った経験をした方も多いようです。

 

では、シミウスジェルも同じなのでしょうか?モロモロなどのカスが出やすいのかネットで調べてみて下さい。

 

「シミウス カス」で検索していただくと口コミがたくさんヒットしてくるので、読むことができます。

 

私が目にした口コミは「カスは出ない」というのが多かったと記憶しています。

 

個人差があるのはもちろんですが、私に関しては一度もカスが出て困ったことはありません。

 

それにマッサージジェルなのにカスが出てきたら、マッサージどころではなくなってしまいますよね。

 

ですが、モロモロが出てしまった方もいるのは確かです。

 

レベル的には、マッサージ終了直前にほんの少しカスが出た程度のようです。

 

カスが「出やすいか否か」でいいますと私的には、「否、出にくい!」と言い切れます。

 

 

 

小顔マッサージのご案内

 

このシミウスでのマッサージのやり方はお手入れガイドを参考にすると簡単に気持ちよくできます。

 

これは購入時についてくるのでご安心を。

 

朝バージョンと、夜バージョンの2パターンあるのですが、やっていくうちに自然と手早くできるようになりますよ。

 

マッサージの主なやり方としては以下のようになります。

 

・ 耳の下にあるリンパ節を指でグーッと押していきます。

 

・ 顎の下から耳の下へと徐々に引き上げていきます。

 

・ 拳をつくり頬の下の筋肉をイタ気持ちいいくらいがベストです。

 

これを左右順番にやります。

 

ここまで、行うと少しずつ筋肉もほぐれて顔がポカポカしてくるのを感じられると思います。

 

・ 顎に移り、頬の後ろの部分で(風邪などの際に触ると痛くなるリンパ節を)ゆっくり円を描くようにほぐしていきましょう。

 

・ 仕上げとして拳で、鼻の横から耳のほうへと動かしていきましょう。

 

排泄物が流れむくみも取れて、小顔になった気がしませんか。

 

シミウスのお手入れガイドは簡単な動作でできているので、気が向いたときにでも何気なく行っていただければと思います。

 

 

メビウス製薬とはどのような会社でしょうか。

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルという製品名は、最近よく耳にしますが、シミウスジェルを販売している会社はご存知でしょうか。

 

株式会社メビウス製薬という会社が、シミウスジェルを販売しています。

 

ここでメビウス製薬について説明しましょう。

 

2006年7月東京都港区に設立した会社です。

 

設立当時は、「メビウスソリューションズ」という社名でした。

 

メビウス製薬へと社名変更したのが2013年7月です。

 

メビウス製薬は、オリジナル化粧品を企画し、協力会社によって生産され、インターネット販売を主体としていますので実店舗はありません。

 

メビウスジェルで名の知れた会社ですが、メビウス製薬にはもう1つの主力製品があります。

 

多くの方が「BBクリーム」という名を聞いたことがあると思います。

 

その「BBクリーム」を日本で初めて開発したのがメビウス製薬なのです。

 

このBBクリームは、皆さんもご存知の楽天市場で256週「クリームファンデ部門第1位」に輝いたり、4年連続「楽天オリジナルコスメ大賞」に入賞していたりするクリームなのです。

 

それほど人気があるのです。

 

インターネット販売が主体のため、全力でカスタマーサポートをしている印象を受けます。

 

年中無休の9:00〜21:00まで対応可能なカスタマーサポートへは、電話やメールでも連絡つきますし、電話についてはフリーダイヤルとなっています。

 

夜9時までと遅くまで対応してもらえ、年中無休というのが仕事を持っている方には嬉しく有難く思いたす。

 

もちろん投げかけられた質問に対しては、確実に答えてくれますし、メールに対しても親切丁寧な対応をして頂けます。

 

肌に優しい使い心地や、製品自体が何の心配もなく使えることも大切ですが、このようなメビウス製薬の対応がまた人気に繋がる秘訣になるのでしょう。

 

 

 

イタッ、マッサージの時の痛みの意味

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルでマッサージをしている時、痛く感じる時はありませんか?マッサージで起こる痛みには、2通りあります。

 

それは「良い痛み」と「悪い痛み」です。

 

「良い痛み」の場合、問題ありませんのでそのまま続けていただいても大丈夫です。

 

「悪い痛み」の場合、注意しなければなりません。

 

「悪い痛み」を感じる場合は、ジェルの使用方法やマッサージの仕方を改善する必要があります。

 

マッサージをしている時、鈍い痛みとコリコリしたところがある場合は、そこが顔の凝っている場所かも知れません。

 

その場合、この鈍い痛みはすぐではありませんが、毎日のマッサージでほぐすことにより解消されていきます。

 

いわゆる肩こりと同じで、老廃物を流したり、コリをほぐしたりとマッサージすることによって、血行がよくなり改善されるのです。

 

ですが、一度にコリをほぐそうと力をいれすぎてのマッサージは避けなければいけません。

 

肌への過剰な刺激は、シミ、シワそしてたるみの原因となりますので、毎日の優しいマッサージが望ましいのです。

 

ジェルの量が少なすぎて摩擦が起きている場合、マッサージの力が強すぎる場合、「悪い痛み」の原因と考えられるのが、主にこの2つです。

 

ジェルの使用量が少なすぎると、摩擦により痛みを感じたりすることがあります。

 

前にも説明しましたが、摩擦はシミの元を生みだす場合がありますので、「お手入れガイド」に記載されているジェル使用量でマッサージすることをお勧めします。

 

また、「乾燥している肌」は、「潤った肌」より摩擦が起こりやすく、ダメージを受けてしまいますので乾燥しやすい方は、使用量の目安よりもやや多めのジェルでマッサージすることが望ましいでしょう。

 

シミの悩みを早く解消したくて焦ってしまい、思わず力を、入れてしまう方もいるかも知れません。

 

ですが、力を入れすぎてのマッサージは痛みの原因になりますので、力加減にも注意が必要です。

 

なるべく「痛気持ちいい」を心がけてマッサージするようにしましょう。

 

また、肌の弱い方は「気持ちいい」ぐらいがベストとなります。

 

 

 

以前のシミウスジェルとの相違点

 

2015年1月にシミウスホワイトニングリフトケアジェルは、リニューアルしています。

 

パッケージも大きく変わったシミウスジェルです。

 

パッケージだけじゃなく、少し使いにくかった以前の小さなスパチュラから、一回り大きく使いやすくなりました。

 

リニューアルしてジェルの触り心地はあまり変わっていませんが、わずかにリニューアル後は柔らかめのテクスチャーになっています。

 

実際マッサージしてみますと使用感自体大きな違いはありませんが、リニューアル後の方が柔らかくなった分伸びが良くなった印象を受けました。

 

重要な保湿力に関しては数値化できない為、違いを説明するこてはできませんが使った感じとしては、目立った違いはないように思います。

 

そして、有効成分が変わっています。

 

リニューアル前は、アラントイン、水溶性プラセンタエキスを含有していましたが、リニューアル後の含有成分はグリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキスとなっています。

 

リニューアル後の含有成分のグリチルリチン酸ジカリウムは、アトピー用の化粧品や敏感肌の方が使う化粧品に配合される甘草(かんぞう)という生薬に含まれる成分で、働きの1つに消炎作用があります。

 

容器や成分は変わっても、使い心地はさして変わっていないといった印象を受けました。

 

 

 

 

 

グリコのジージー、まじめに検証しているサイトは少ない
ジージーについてはグリコが長年モニターをして投入した商品なだけに既に実績はピカイチ。

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ